Master[ Admin ::: Write ::: Comment ]
毎週あいのりの放送を楽しみにしている天然な人間のブログです。
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
鹿之助
性別:
男性
自己紹介:

【メールアドレス】

lastsamurai39@hotmail.com

↑メッセ登録ヨロシク!
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うちのデイサービスの利用者さんが亡くなったと
朝のミーティングで聞きました。

え?火曜日元気に利用してたのに・・・。なんで・・。

先週誕生日で誕生日会したやん。

俺一所懸命プレゼント作ってめちゃ喜んでくれてたやん。

隠し撮りしてた写真が気に入ってもう一枚くれっていってやん。

もうわけがわからんわぁ。

動脈瘤破裂って。

本人ぽっくり逝きたいって口癖のようにいってたけど

俺、心の準備できてねぇよ・・・。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Mail
URL
Comment
Font-Color
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>なみさん
鹿之助
励ましありがとう!
思い出が走馬灯のようにめぐってます。
悲しいときは悲しいって表現できないと
つらいですよね。
今日、Kさんの写真を整理してたんですけど
Kさんって基本的に写真撮られるのが嫌いなんですよね。
なのに先週あった誕生日会の時は写真嫌がらずに
いっぱい撮らせてくれてて・・・。
目頭が熱くなりました。
2006/09/02(Sat)23:09:37 編集
無題
なみ
私は7年看護師をやっていました。
介護師さんと同様、「死」は身近です。
ただ、予測が出来てしまうので心の準備も出来たりします。
でもやっぱり慣れませんでした。

就職したての頃は「看護師が泣いてはいけない」と言われていました。
「家族になってはいけない」と。
でも、鹿之助さんがおっしゃるようにその方と共有した時間が長ければ長いほど悲しみは深かった。
つらかったです。
そして、私なんかよりずっと長く一緒に過ごしていた家族の悲しみを見るのもつらかったです。

その方を思うことが一番の供養になるのではないかと思っています。
今は医療従事者が悲しむこともありだと思います(仕事に支障があるようでは困りますが)。
ずっとそのままの心でいてください。
ただ、そのつらさを溜め込まないようにしてくださいね。
(私は500円ハゲを作ったことがあります)

お身体には気をつけて。
無理せず日々をお過ごしください。
2006/09/02(Sat)22:55:19 編集
>memeさん
鹿之助
介護の仕事してるとやっぱ「死」に直面することは多々あります。
よく「死」に慣れるって介護職員の人はいいます。
だけど俺はいつまでたってもなれないですね。
関わった時間が長ければ長いほど「死」に直面したときの
悲しみは深いものになりますから。

今度なくなられたKさんが言っていた
家から見える100万$の夜景を見に行こうと
思っています。
2006/09/02(Sat)21:29:42 編集
無題
meme
毎日のお仕事お疲れさまです。

私の祖母も週4日のデイを利用しています。
職員の皆さんの大変さも母からよく耳にしています…(祖母は非常に気難しい人なんで。^^;)

でも鹿之助さんのブログを見ていたら、こんなに親身に思ってくれている職員さんがいて、心身共に充実したデイを受けられていたんだろうなと思いました(親族の立場の私の思いですが)。

鹿之助さんの心中お察しいたします。
同時に亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


2006/09/02(Sat)11:58:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
Powered by NinjaBlog Copyright(c) 天然ですが何か? All Rights Reserved.
designed by Himawari-you 忍者ブログ[PR]